Home >> ヒント・サンプル集 >> 業務システムのヒント

トラブル対応要領
   トラブル対応のヒントにしてください

まず最初に
・トラブルを聞いたらまず最初に現象の確認をします
 意外と多いのは、トラブルの状況が正しく伝わっていないことです
 用語の使い方が間違っていることもありますね

 まずは、状況を詳しく聞き、できればご自身の目で確認してください

  1. いつ
  2. どの画面で
  3. どんな操作をすると
  4. どうなるべきところ
  5. どうなってしまうのか または、エラーメッセージの文面は?
  6. その時の状況は?(入力内容など、エラーが発生する場合としない場合があればその情報も)
  7. 特定のPCで? または すべてのPCで?
  8. 特定のPCの場合、OS、アプリの種類とバージョンは?

  情報の精度が、解決までの時間に大きく影響します
 
ネットワークのトラブル対応(LAN)
オフィス内ネットワーク(LAN)のトラブルシューティング

接続先である相手側までには、次のソフトウェア、ハードウェアが介在します。
これらを一つずつチェックする必要があります

《自分のPC》
1. 自分のPCのソフトウェア/設定
2. 自分のPCのOS/設定
3. ネットワークI/Fのドライバ/設定
4. 自分のPCのネットワークI/F(LANカードなど)
5. LANケーブル(自分とHUB/ルーターとの接続)
《ケーブル/通信機器》
6. HUB/ルーターのソケット(自分との接続部)
7. HUB/ルーター本体
8. HUB/ルーターのソケット(相手との接続部)
9. LANケーブル(相手とHUB/ルーターとの接続)
《通信相手のPC/サーバー》
10. 相手のPCのネットワークI/F
11. ネットワークI/Fのドライバ/設定
12. 相手側PCのOS/設定
13. 相手側PCのソフトウェア/設定

このどこかにトラブルがあるということです。一つ一つ確認します。

※必ずしも下記の通りにならない場合があります。ご注意ください

(A) 相手側には、他のPCからは問題なく接続できるか?
 Yes・・・No.1~8に問題あり = 自分のPC側に問題あり
 No ・・・No.7以降に問題あり = 相手側のPC側に問題あり

(B) 他のPCと自分のPCは接続できるか?
 Yes・・・No.7以降に問題あり = 相手側のPC側に問題あり
 No ・・・No.1~8に問題あり = 自分のPC側に問題あり

© 不具合のあるPCが特定できたら、
 ・ケーブルを変えてみる
 ・HUB/ルーターのポートを変えてみる
  ※HUB/ルーターの一部のポートが壊れることもあります
   ただし、ユニットがまるごとダメになる場合があり、機種によってそのユニット数が違います
   問題なく動作しているPCが使用しているポートと差し替える等 試してください
 ・ネットワークI/Fを変えてみる
 

  お気軽にご相談ください お問合せ・ご相談はこちら お問合せ・ご相談はこちら  
更新日:2017/02/23 14:29